結婚式で血液検査?

e0373836_16101227.jpg

仕事終わりに、ビールを飲みつつ、撮り溜めていた番組を消化するのが、日課となっている。
何とも寂しい一人暮らしを送っています。
ま~一人も気楽ですよ(苦笑

仕事が忙しくて、なかなか休みが取れない事もあって、どうしても録画する番組のジャンルは旅番組が多くなります。
今日は何気なく見ていた、ラスベガスを特集した番組で驚いた事があったので、ご紹介しますね。

僕はラスベガスって聞くと、「ギャンブルの街」「カジノの街」「快楽の街」って言うイメージを持ってます。
昔カジノ街で暴れるギャングって言う設定の映画を沢山観ていたせいかもしれないけど。
確かにカジノの街でもあるのだけど、「全米で一番結婚式を挙げ易い街」でも有名のようです。

正直僕の中で、結婚というキーワードは、ラスベガスに対して全く沸かなかったのだけど、結構有名なようです。
っと言うのも、アメリカでは結婚式を挙げる前に、事前にやる事が多いです。
例えばHIV検査、梅毒検査などを始めたとした血液検査と、その証明書の提出。
自由の国アメリカの割には、性病系の事前チェックが厳重なんだな~と思いつつ、もし1つでも該当するものが出てきたらどうするのだろう?という疑問も沸く。まさか結婚出来ないって訳じゃないだろうけど。。。
その他にも驚いたのは、アメリカでは「いとこ同士」の結婚を禁止している州が多いようです。
禁止と言うか、もしばれると「犯罪」になるのですよ。知ってましたか?
世界では、いとこ同士の結婚を認めている国の方が多いのですが、アメリカは逆に「NG」な州が多いです。
って事は、血液検査ってDNA検査もやっていて、血縁関係でも調べているのでしょうかね??
ん~意外な所が厳格なんだな~と、ビールを飲みつつ関心しちゃいました。

他にも結婚式に掛かる費用も安いです。
僕が嘗て挙げた結婚式は結構お金掛かったけど。。。ま、思い出したくない過去ですね(苦笑
ラスベガスでは、なんと1万円以内です(驚
驚愕の価格ですよね。
ま~結婚式の内容は、新郎新婦と親戚数名、あと牧師様(?)だけ。
愛の宣言をして終わり。所要時間は15分。。。
教会から結婚証明書を貰ったら役所に出すだけでOKという世界。
ここは、結構テキトウなんだ~と、関心しちゃいます。

世界は広いと言うけど、まだまだ僕の知らない世界があるな~と思いつつ、お土産の鰹チャンジャを食べる。
うまいな、これw
では。

[PR]
by BOSSBLAK | 2017-05-04 16:08